音楽作ってます Myspaceに曲あるので 是非お聴きください
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< そんな馬鹿な | main | CD-Rによる違い >>
おかか男
 
すこし甘いものが食べたくなってしまったので、さっき買ってきた明治リッチストロベリーチョコレートを食べる。このチョコレート、リッチと名の付くだけあって高い。一般的な板チョコよりひとまわり小さいのに170円。高い。外装もキラキラした紙を使っていて豪華だ。その紙の裏面にはこう商品説明が書いてある。

「香り豊かで甘酸っぱいいちごを生換算で70%使用しました。驚くほど濃厚ないちごの味わいが楽しめる、本格いちごチョコレートです。」

香り豊かーーーリッチのリッチたる所以はまさにこれである。本来、食べ物というのはお腹を満たすものであるにもかかわらずこのチョコレートは香りを楽しめと言っているのだ。しかし、考えてみればブルジョアジーの食べ物はいつもこうである。松茸やトリュフなどを例にとってもわかるように、世間一般的にいわゆる ごちそう とされているものは香りを楽しむものばかりなのだ。なかなかに興味深いではないか。つまり、リッチな方々というのは腹が満たされるのは当たり前で特別どうこうということはないのだ。そこから食事をさらに楽しむためにはそう、香りが必要なのである。豊かな香りの食材を食すことによって心もお腹も満たすのだ。ああおそろしきブルジョアジー。なんという欲の深さ。しかし、このようにさらに良いものを求めようとする姿勢は見習ったほうが良いと感じたのであった。


 
Veruca Salt
Outpost Records
コメント:女性Vo. すっきりした声 さわやか、かわいい

スポンサーサイト
COMMENT